catch-img

DX研修って何するの?DX研修の目的や具体的な種類をまとめました。


目次[非表示]

  1. はじめに
  2. DX化とIT化の違い
  3. DX推進の背景とDX研修の目的
    1. DX推進の背景
    2. DX研修の目的
      1. ①従来のシステムからDXを活用した新システムへ
      2. ②多様な働き方の実現
      3. ③情報セキュリティの向上
  4. DX研修の種類
  5. まとめ

はじめに

昨今、DX化が非常に注目されています。DXとは、Digital Transformation(デジタル トランスフォーメーション)の略語で、「デジタル技術を用いて生活やビジネスが変容していくこと」を指します。総務省が令和4年6月3日に発表した資料によると、全ての都道府県は自治体主催のDX研修を行っています。市区町村も自治体主催の研修と外部機関が主催するものを合わせて、多数のDX研修が行われています。またデジタル庁が 令和3年9月1日に設置されたということもあり、日本全体がDXに大きな注目を寄せていることがわかると思います。

次に企業のDX化の進展度に関する調査は以下のグラフにまとめました。


以上から「日本全体としてDXを推進しているが、多くの企業が実際に全体的なシステムのDX化を行えていない」ことがわかります。そこで何故DX研修を行うのか、どのようなDX研修があるのかについて説明します。

DX化とIT化の違い

DX化とIT化は良く混同されるので、DX化とIT化の違いについて明確にしておきましょう。ITとは、Information Technology(インフォメーション テクノロジー)の略語で、「インターネットなどの通信とコンピュータとを駆使する情報技術」を意味します。そしてIT化は、「ITを用いて業務の効率化をすること」を意味します。

それに対して、DX化とは、「デジタル技術を用いて生活やビジネスが変容していくこと」を意味します。

簡単にまとめると、IT化は「既存のビジネスプロセスを効率化させること」、DX化は「既存のビジネスプロセスを新しくすること」という意味の違いがあります。

DX推進の背景とDX研修の目的

ここでは、日本全体でDX推進の背景とDX研修を行う目的について説明します。

DX推進の背景

あらゆる産業において、新たなデジタル技術を利用して新しいビジネスモデル を展開する新規参入者が登場しつつあります。こうした中で、各企業は、 競争力維持・強化のために、DX化をスピーディーに進めていくことが求められているのです。またコロナウイルスの流行でリモートワークが普及したこともDX推進に大きな影響を与えています。

DX研修の目的

DXの研修の目的を大きく3つに分けて説明します。

①従来のシステムからDXを活用した新システムへ

経済産業省によると、DXを活用しきれていない従来のシステムの維持費がIT予算のうち8割を占めているという報告がされています。

そこで経営陣を含め幅広い社員がDX研修でデジタル技術の基礎知識を正しく学び、DXに関する共通理解を得ることで、少しずつ社内全体が古いシステムから脱却しDXを用いた新しいシステムへの移行が可能になり、業務効率の向上大幅なコスト削減が期待できます。

②多様な働き方の実現

リモートワークが普及する中で、これまでと同様のパフォーマンスを発揮するために、デジタル改革が必要になってきます。リモートワークを行う人が十分な知識をつけることで、経営者にとってもリモートワークを行う人にとっても、より良い働き方が実現できるかもしれません。

③情報セキュリティの向上

情報セキュリティに関する問題が多くニュースに取り上げられています。例えば、情報漏洩を起こしてしまうと、これまで積み上げてきた企業への信頼が大きく損なわれます。情報セキュリティに関する問題全てがこれほど大きな問題になるわけではありませんが、いずれの問題も繰り返す内に、企業への信頼が大きく損なわれるので、DX研修で情報セキュリティについて学ぶ価値は非常に大きいのではないでしょうか。

どのような人がDX研修を受けるべきか

さまざまな企業がDX化を進める中で、誰であってもDXに関する知識を得ることは大きなメリットにです。

そこで大まかに経営層、システム関連部署の社員と一般社員に分けてそれぞれの対象者が必要なDX研修の内容をまとめました。

DX研修の種類

DX研修といっても、研修内容は多岐にわたります。ここでは、DX研修の内容を大きく6つに分類して紹介します。

①システム・IT理解

DXの基礎知識やITリテラシー、ビジネススキルなどDX化を行おうとする企業の社員にとって必要な知識を体系的に学ぶことができます。

②OAツール

OAとは、Office Automation(オフィス オートメーション)の略で、業務上必要なWordやExcelなどがこれに該当します。特に新社会人の中には使い慣れていない人が多いので、しっかりと研修を行う必要があるでしょう。

③RPAツール

RPAとは、Robotic Process Automationの略で、事務作業など反復作業の多い業務を効率化・自動化する仕組みです。RPA研修を導入し反復作業を自動化することで、大幅なコスト削減が見込めるでしょう。反復作業が多い業種の方には大きなメリットがあります。

④データサイエンス

身の回りに存在するさまざまなデータを分析し、そこからどのような経営戦略を行うべきか決定する方法を身につけます。日々状況が変化し、顧客のニーズに沿った柔軟な対応が求められる今、データサイエンスの知識は大きな武器になるでしょう。

⑤システム開発

システム開発の全体的な流れやプログラミング言語に関する知識などシステム関連部署の社員に必須の知識です。一言にシステム開発やプログラミング言語といっても多種多様です。現状の課題と照らし合わせて、どのような研修をすべきか決めましょう。

⑥データベース

システム開発・運用する際には、データがどこに格納されていて、どのような操作を行えば、データを取り出せるかというデータベースに関する知識が必要です。システム関連部署の社員はシステム開発に関する研修とセットで行うと、より効果的でしょう。

まとめ

DXに関する知識は若手社員から経営陣までさまざまな立場の人にとって役に立ちますが、研修を受ける立場の人が必要としているモノでなければ、DX研修の成果を業務に活かすことができないかもしれません。DX研修を受ける人にとって必要な知識は何かを考え、DX研修をより効果のあるものにしましょう。

DXに関する研修以外でも、トライ・アットリソースではさまざまな社員研修プランをご用意しております。社員育成に関してお悩みの方はぜひ一度、お気軽にご相談ください。

  トライ@resource│社員研修サービス トライ@resourceの社員研修サービスに関してご紹介しているページです。ご要望に合わせてオーダーメイドのカリキュラムを作成。トライグループが培ってきた教育ノウハウを活かした研修で成果の出る研修を実現します。 株式会社トライ・アットリソース


人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧